プロテクションフィルムの役割

プロテクションフィルムについて詳しくご紹介します

プロテクションフィルムの透明度

プロテクションフィルムの透明度 プロテクションフィルムの透明度ですが、これは実際問題としては完全に透明、つまりこれを貼ることでボディの色合いが変わって見えたりするようなことは無いと言って良いでしょう。
もともとプロテクションフィルムは透明な素材を使っている上に、厚みはわずか0.1mmとか0.2mmといった非常に薄いものですから、普通の窓ガラスなどと同じく実用上は100%全ての光を透過させると考えて良いわけです。
ですからせっかくのボディの色が変わってしまうと心配する必要はありません。
ただし、プロテクションフィルムの中には、あえて色やデザインを持たせたものもあります。
これは単にボディを保護するだけではなく、カラーを変えたいとかデザインを変えたいといった目的を持つ人も中にはいるためで、それに対応できるような製品も発売されているからです。
この場合は製品が透明であっては逆に元の色が透けてしまいますから、あえて不透明にしているわけです。

プロテクションフィルムの厚みはどのくらい?

プロテクションフィルムの厚みはどのくらい? プロテクションフィルムは、車の塗装する面やガラス面を守るために開発された特殊保護フィルムです。
プロテクションフィルムは、カーコーティングよりも保護性能にすぐれ、飛び石やスクラッチ傷の劣化から塗装面を堅牢に守ります。
通常のカーコーティングの被膜の厚みはおよそ0.3ミクロンとされ、プロテクションフィルムはおよそ150~200ミクロンということですから、かなり強固と言えるでしょう。
またこのフィルムははがすことが可能なので、飛び石・擦り傷で傷んでしまった場合、それをはがして新しく張り替えることも可能です。
このことで車の売却時に車の査定額が上がる傾向があり、自動車自体の資産を守ることができます。
このフィルムには2種類があり、窓ガラスに貼るタイプと車の塗装面に貼るタイプがあります。
フィルムの寿命は約6ヶ月~3年です。
ガレージでの駐車など紫外線に当たらない環境で置いている時には、フィルムの劣化は起こりにくく、5年も持つこともあります。

Copyright © 2021 プロテクションフィルムの役割 All Rights Reserved.