プロテクションフィルムの役割

プロテクションフィルムについて詳しくご紹介します

プロテクションフィルムで衝撃吸収

プロテクションフィルムで衝撃吸収 プロテクションフィルムを貼ることは文字通り衝撃吸収の意味合いがあります。
つまり、虫や飛び石から守ることができるわけです。
プロテクションフィルムの厚みはせいぜい0.1mmから0.2mm程度しかなく、この程度で衝撃を十分に吸収することなど困難だから、せいぜいワックスをかけた程度の保護力しかないのではと思っている人もいるかもしれませんが、実際にはそうではありません。
素材は異なる場合もありますが、スマートホンなどの液晶画面に貼るフィルムでも思った以上の保護力があることは良く知られています。
最近は新たな素材が開発され、また技術も進歩しており、フィルムの厚みだけで物事を判断してはいけません。
もちろん、どんなに大きく強い衝撃からでも完璧に守れるなどと無理のあることを言うわけではありませんが、一般的に考えられる保護手段としては非常にリーズナブルで、またコストパフォーマンスも高いものであることは間違いないでしょう。

プロテクションフィルムで衝撃吸収

プロテクションフィルムで衝撃吸収 現在、プロテクションフィルムは様々なメーカーが製造販売を行っていますが、中には自己修復機能を持ったフィルムを販売しているメーカーもあります。
プロテクションフィルムは、施工することで愛車のボディーやガラスをキズから守ることができますが、フィルム自体に小さな傷がついてしまうこともあります。
愛車にプロテクションフィルムを貼る方の中には、フィルムについた傷がたとえ微細なものであっても放置したくないという方も多いかと思いますが、自己修復機能を持ったフィルムであれば70~80度程度の熱を加えることでキズを目立たなくさせることが可能です。
大きな傷がついてしった場合は修復できないケースもありますが、傷が小さければドライヤーやお湯などで熱を加えるだけで傷を修復してくれます。
なお、この機能を持ったプロテクションフィルムは価格が高くなる傾向がありますが、フィルムに小さな傷がついた際にわざわざ貼り換えを行う必要がないのでトータルコストを抑えることが可能です。

Copyright © 2021 プロテクションフィルムの役割 All Rights Reserved.