プロテクションフィルムの役割

プロテクションフィルムでカスタマイズ

プロテクションフィルムでカスタマイズ

プロテクションフィルムでカスタマイズ 自働車を購入した方の中には、愛車を大切に取り扱うことを決めて、洗車グッズを用意している方も大勢存在しています。
洗車は汚れを固着させないためにも欠かせない行動ですが、手間を省いて完璧なボディの保護を行う際には、プロテクションフィルムを施工する方法が抜群な効果を発揮します。
このプロテクションフィルを用いる方法には、カスタマイズを行う方法もあり、ある程度の施工のテクニックと慣れを必要としますが、時間を掛ければ初心者でも簡単に施工できます。
プロテクションフィルムは通常は透明素材で作られているものを指しています。
透明のままではカスタマイズは出来ないので、敢えて色付きのフィルムを活用する方法であれば世界に1台のオリジナルカスタムを行うことは可能です。
非常に簡単にできる事例をあげると、ボンネット全体にプロテクションフィルムを施工した後に、ブラックのフィルムを購入してボンネットにラインを入れる方法があり、この範囲であれば素人でも簡単です。
他にも単色カラーだけではなく、メタリック調やカーボン柄、ヘアライン風など多彩なフィルムが販売されているので、上手く使い分けることで十分にカスタムできます。

簡単にはがせるプロテクションフィルムで気兼ねなくドライブを

簡単にはがせるプロテクションフィルムで気兼ねなくドライブを 大切な愛車を乗り回したくても、飛び石や傷などが怖くてなかなかドライブに行くことができないという人は、「プロテクションフィルム」を貼ることをおすすめします。
これまでは高級車のみに貼られることが多かったのですが、現在ではディーラーオプションとしても採用されているので、一般的にも広まってきています。
カーコーティングの厚さは約0.3μとされていますが、プロテクションフィルムは150μ~200μの厚みとなるので、様々な外的要因から車体を守ることができるのです。
またフィルムは簡単にはがせることもあり、売却を予定している人には、資産価値を守る為にも特におすすめしておきたい施工です。
一般的にプロテクションフィルムには、非常に透明度の高いポリウレタンフィルムと、高性能アクリル接着剤が採用されているので、元の車体のイメージを壊したくないという人にも安心です。
傷を気にする必要がなければ、自由にドライブすることも、気兼ねなく洗車することも可能です。

Copyright © 2021 プロテクションフィルムの役割 All Rights Reserved.