プロテクションフィルムの役割

プロテクションフィルムを貼る場所

プロテクションフィルムを貼る場所

プロテクションフィルムを貼る場所 プロテクションフィルムという透明のラッピングシートが販売されていますが、新車でも中古車でもボディを綺麗な状態に保つ際には非常に役立つアイテムです。
貼る場所については、特に制限というものは無いので、車体全体に対して施工はできますが、最低限貼り付けておくとメリットに感じる箇所は、ボンネットとフロントバンパー全体、ルーフとリアバンパーなどがあります。これらの場所は小傷が付きやすい箇所になり、特にフロント部分は飛び石による被害を受けやすいのでプロテクションフィルムを施工するにはボンネットは欠かせません。
金銭的な余裕があればドア部分にも施工することも推奨でき、完全にフルラッピングを行えば、数年後に自動車の乗り換えを行うような場面で、プロテクションフィルムを剥がすことで、綺麗なボディで有利な条件で買取りを利用できます。基本的には雨降りの日に車体に水滴が長く残ってしまう箇所を施工することで、雨染みなどボディに付着する頑固なシミや汚れ対策として使えます。

プロテクションフィルムの施工は位置決めで難易度が変わります

プロテクションフィルムの施工は位置決めで難易度が変わります プロテクションフィルムを愛車に貼り付けを行う作業では、位置決めは非常に重要な要素になり、失敗してしまうと綺麗に仕上げることはできません。
テクニックを要する作業になるので初めての方は苦労してしまうことが目立ちますが、要点を押さえておけば失敗するリスクを減らせます。プロテクションフィルムをボンネット全体に貼り付ける作業を事例にすると、1人での作業でも不可能ではありませんが、ボンネットの左右に2名がいれば位置決めは簡単に行えます。
多くの車種で中央付近はフロント部分までの距離が短い傾向にあります。そのため両端に合わせて場所を決める必要が出てくるので、必然的に中央部分はワイパーやフロンガラス部分にまで掛かることが基本です。
大体のポジショニングを終えた後には、霧吹きに中性洗剤を入れて車体側とフィルムの両方に十分な霧吹きをすることで滑りを良くすることができます。その後の流れはスキージーを使って中央から外側に向けて施工していき、霧吹きの水を車外へと出すことが基本です。十分な余白を設けることと、最初のポジショニングを上手く決めることで難易度を下げることができるので、焦らずに時間を掛けながら作業を行えば綺麗な施工は無理ではありません。

Copyright © 2021 プロテクションフィルムの役割 All Rights Reserved.